のどの症状

のどのよくある症状

のどの痛み

喉の痛み扁桃炎・喉頭炎・咽頭炎などの場合に、のどの違和感や異物感が生じます。稀に、咽頭がんや喉頭がんの初期症状でのどの違和感が起こります。また、逆流性食道炎などでものどに違和感が生じます。喉の違和感や異物感が気になる方は、些細な痛みでも放置せず、早めに当院へご相談ください。

のどの違和感・異物感

扁桃炎・喉頭炎・咽頭炎などの場合に、のどの違和感や異物感が生じます。稀に、咽頭がんや喉頭がんの初期症状でのどの違和感が起こります。また、逆流性食道炎などでものどに違和感が生じます。喉の違和感や異物感が気になる方は、些細な痛みでも放置せず、早めに当院へご相談ください。

声枯れ

風邪や喉頭炎などによって声枯れが起こります。この場合、病状が回復するにつれて声枯れも解消します。声枯れで注意が必要な場合は、声帯結節・声帯ポリープ・喉頭がん・下咽頭がん・反回神経麻痺などの疾患です。声枯れが長く続く場合や、なかなか回復しない場合は、早めに当院へご相談ください。

音声障害はこちら

咳・痰

急性気管支炎や急性喉頭炎・風邪の場合は、咳や痰が1~2週間ほど続きます。それ以上長く咳や痰が続くのは、慢性気管支炎・咳喘息・肺がん・肺結核・喉頭アレルギー・血圧の薬の副作用などが考えられます。2週間以上咳や痰が続く場合は、早めに当院へご相談ください。

痰に血が混じる

痰に血が混じる場合、気管や肺などの呼吸器からと、食道などの消化器・のど・鼻・歯茎などからの出血が考えられます。耳鼻咽喉科では、鼻やのど・口からの出血かどうかを検査することができますが、これらの異常が見られない場合は、呼吸器科や消化器科など専門の医療機関をご紹介しております。

飲みにくい・飲み込めない

飲食物を飲み込む際、のどから食道を通り胃に運ばれますが、飲みにくい症状がある時は、のどから食道のいずれかが狭窄しているか、飲み込む筋力が低下していることがあります。さらに、炎症などの腫れによって飲みにくくなるケースもあります。また、食道がんや咽頭がんなど悪性腫瘍の恐れもあるため、気になる症状がある場合は早急に医療機関を受診してください。 のどを通った飲食物が、咽頭から食道に行かず気管に入ってしまうとむせてしまいます。飲食物が気管に入る状態を誤嚥と言い、肺炎のリスクが非常に高いため、特に高齢者は注意が必要です。

いびき

いびきは、睡眠中にのどが狭くなることで起こります。いびきに無呼吸が伴うと、睡眠時無呼吸症候群となってしまいます。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中の脳や全身の酸素不足となるほか、慢性的な睡眠不足によって交通事故発生のリスクが非常に高くなってしまいます。また副鼻腔炎(ちくのう症)がある場合や、過度のアルコール摂取・肥満・顎の位置などが原因で、睡眠時無呼吸症候群のリスクが高くなります。いびきは治療で症状を改善できるため、症状が気になる方は早めに当院までご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群はこちら

口腔・喉の病気について

口腔乾燥症(口の乾き)

口腔乾燥症(口の乾き)口の乾きの原因は加齢や膠原病が考えられます。加齢に伴って生理的に唾液量減少となるほか、膠原病など全身疾患の症状の一つとして口の乾きが現れます。膠原病の疑いがある場合は、血液検査を実施します。膠原病以外での口の渇き(口腔乾燥症)では、マスク着用や保湿ジェル・水分補給などの生活指導と、症状に応じた対症療法を行います。

扁桃炎・喉頭炎・咽頭炎

口の奥の左右にある口蓋扁桃が炎症を起こす状態を扁桃炎と言います。また喉頭炎はのどの奥が炎症を起こし、喉頭蓋炎はのどの奥にある蓋が炎症した状態です。そのほとんどが細菌やウイルス感染により、いずれも強い咽頭痛・発熱・全身の倦怠感などが見られます。採血検査や迅速検査・喉の所見などによって、適切な治療を行います。

扁桃炎はこちら

扁桃肥大・アデノイド肥大

鼻の奥にあるリンパ組織をアデノイド(上咽頭)と言い、2歳頃から大きくなって、5~6歳頃がピークとなります。アデノイドが大きくなると鼻呼吸が難しく、耳管の出口である耳管咽頭口を塞いだり、中耳炎を引き起こします。アデノイドが大きいお子さんは口蓋扁桃も大きく、いびきや睡眠時無呼吸症候群を起こしやすいとされます。内視鏡検査で大きさを確認し診断します。

声帯炎

のどを酷使することで、声帯炎を引き起こして声枯れを生じます。声枯れを起こしてからすぐに適切なケアと発声の制限による声の安静を行い、薬物療法などで炎症を抑えれば改善できます。

声帯ポリープ・ポリープ様声帯

声帯に炎症やポリープが生じたり、声帯炎がなかなか改善せずにむくむとポリープ様声帯となります。さらに、がんが疑われる場合もあるため、気になる症状がある場合は早めに当院へご相談ください。 声帯ポリープやポリープ様声帯は、薬物治療が難しいため手術治療が必要となることがありますが、当院では可能な限り手術を行わずに、音声治療により改善をはかっております。

頸部腫瘍

くびの周りにできるしこりを頸部腫瘍といいます。耳の下にできる腫瘍を耳下腺腫瘍、顎の下にできる腫瘍を顎下腺腫瘍、甲状腺にできる腫瘍を甲状腺腫瘍といいます。いずれの腫瘍もまず良性か悪性かを診断する必要があります。画像検査、細胞診もしくは組織検査が必要となるため、検査が可能な医療機関へ紹介をさせていただきます。

咽頭がん・喉頭がん

のどの奥の咽頭・声帯とその周辺の喉頭にがんが生じた状態です。咽頭がんや喉頭がんの早期発見には、内視鏡検査を行います。当院ではペンタックス ビデオ鼻咽喉スコープ VNL8-J10を導入しております。従来のファイバーよりも細いため痛みが少なく、高画質のため、より精密な診断が可能となります。手術治療が必要となった場合は、連携する専門の医療機関をご紹介しております。

咽頭異物

誤って異物を飲み込んだ状態です。よく見られるのは、魚の骨や義歯・小さい物・お薬PTPシートなどが咽頭に引っかかった状態です。なるべく無理をして取ろうとせずに、早めに医療機関を受診してください。特に魚の骨の場合は、ご飯を丸呑みすると
さらに深く刺さることがあるため、ご飯の丸呑みは避けてください。

嚥下障害

食べ物を飲み込みにくい・食事中にむせることが多い・食後に痰が出るなどの症状がある場合、嚥下障害が疑われます。主に加齢・神経や筋肉疾患・咽頭や喉頭の腫瘍・脳卒中の後遺症などが考えられます。原因となる疾患の治療のほか、嚥下内視鏡検査を行い、どれぐらい飲み込む力があるのかを調べて、食べ物の固さの工夫やとろみ剤の利用で飲み込む機能を上手に使っていきます。

咽喉頭逆流症(LPRD)

胃酸が逆流してのどに様々な症状を起こす病気を、咽喉頭逆流症(LPRD)といいます。具体的な症状としましては、咳ばらい、声のかすれ、のどの違和感、つかえ感、飲み込みにくさ、げっぷ等があります。 当院でまず行う検査としましては、内視鏡検査、PPIテストがあります。内視鏡検査は鼻からのどの奥を見る検査で、食道の入り口の手前まで観察をする事ができます。声門下浮腫など、LPRDに特徴的な所見がないかの確認を行います。 またPPIテストとは、PPIという胃酸の分泌を抑える薬を飲む検査です。PPIは治療薬としても使われます。 治療としましてはPPIの他に、漢方薬の内服や生活習慣の改善があります。具体的には胃酸を増やすものをとりすぎないこと(赤ワイン、炭酸、カフェイン、チョコレート等)、飲酒喫煙を控えること、肥満に注意をすること、ストレスを避けること、就寝前の食事を避けて、枕を高くして寝る事が有用です。

のどの症状が気になる方は、お気軽にご相談ください。

  •       045-914-3387
  • 045-914-3387
TOPへ