鼻の症状

鼻のよくある症状

鼻づまり

鼻づまり鼻づまりの原因は、粘膜の腫れ・炎症・粘性の強い鼻水・鼻茸(はなたけ、良性のできもの)などで、慢性化するとにおいが分からず、息苦しさやいびきなどによる睡眠不足から生活の質を低下させてしまいます。鼻づまりによって口呼吸になると、風邪やインフルエンザに感染するリスクが高くなります。さらに酸素不足が脳や全身に及び、集中力低下や倦怠感などで、お子さんの場合は成長や学習への支障を及ぼしてしまいます。鼻づまりを起こす疾患としては、鼻風邪・副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎などがあります。片方の鼻づまり症状がある場合は、鼻中隔が大きく彎曲している鼻中隔彎曲症の可能性があります。またお子さんはアデノイド肥大の場合もあります。鼻づまりの症状と原因を特定して、適切な処置や治療を行います。気になる症状がある方は、お気軽に当院までご相談ください。

鼻水

鼻水が出ている時、発熱がある場合は風邪で、くしゃみが出る場合はアレルギー性鼻炎の可能性が考えられます。また黄色い粘性の高い鼻水の場合は、副鼻腔炎(ちくのう症)の可能性があり、早期の治療が必要です。さらにお子さんが鼻の中に異物を入れてしまうことで、鼻水が出ることもあります。この場合は無理に取ってしまうと粘膜を傷つけたり、押し込んで取れなくなってしまう恐れがあるため、必ず医療機関を受診してください。

くしゃみ

風邪やアレルギー性鼻炎・花粉症などが原因でくしゃみが出たり、鼻に異物が入った際の防衛反応として、くしゃみが出たりします。くしゃみに伴って、発熱や鼻水・倦怠感・目の痒みなどがある場合は、風邪や鼻炎の可能性もあるため、早めに受診してください。

アレルギー性鼻炎・
花粉症はこちら

嗅覚障害

においが分からない状態を嗅覚障害といいますが、主に風邪や副鼻腔炎・鼻中隔彎曲症が原因であることが多く、まずはこれらの治療を行って症状を改善していきます。私たちにはにおいを感じ取る部位がありますが、そこまでにおい分子が到達しなかったり、においを感じ取る部位に異常があると嗅覚障害を発症します。

副鼻腔炎はこちら

鼻血

鼻血は外傷などで鼻粘膜にある毛細血管が傷付いて出血が起きる場合と、特別原因がなくても出血する場合があります。特に高血圧の場合は、血管が傷ついて出血しやすいとされます。また鼻に腫瘍があって、それが出血している恐れもあります。鼻血を繰り返すなど、長く続く場合は速やかに医療機関を受診してください。

くさいにおいがする

鼻からくさいにおいがする場合は、一般的にちくのう症と呼ばれる副鼻腔炎が考えられます。副鼻腔炎は細菌・ウイルス感染が原因ですが、虫歯などによる炎症が原因の場合もあります。副鼻腔炎の可能性がある場合は、慢性化する前に適切な治療を受ける必要があります。気になる症状がある方は、早めに当院までご相談ください。

副鼻腔炎はこちら

後鼻漏

鼻水が出るのと反対に、鼻水がのどに落ちる状態を後鼻漏と言います。のどの後方に流れる鼻水の量が増えたり、粘性が強くなったりすると、痰や口臭を悪化させてしまいます。主に副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎が原因とされますが、上咽頭の炎症(慢性上咽頭炎)による場合もあります。治療は、鼻うがいとも呼ばれる鼻洗浄を行い、症状を緩和させます。この場合ご自身で生理食塩水を作るのではなく、鼻粘膜を守るためにも専門医師の指示に従って行うことが大切です。

アレルギー性鼻炎・
花粉症はこちら

鼻の病気について

風邪による急性鼻炎

風邪による急性鼻炎風邪ウイルスによって、鼻の粘膜に炎症が生じる状態を急性鼻炎と言います。鼻がヒリヒリと痛む・乾燥する・違和感がある・鼻水・くしゃみ・鼻の詰まりなどの症状が見られます。空気の通り道を広げる鼻処置を行い、ネブライザー治療で炎症を緩和させます。

鼻茸・副鼻腔炎

風邪が長引くことで鼻や副鼻腔に炎症が生じる状態を急性副鼻腔炎といいます。膿のような鼻汁や頬の痛み・目の奥の痛み・頭痛などの症状が現れます。鼻処置や抗生剤などの内服薬治療を行います。内服治療を行っても治らない場合は、手術治療が検討されます。急性副鼻腔炎が慢性化してしまうと、慢性副鼻腔炎(ちくのう症)となります。適切な診断と治療のためには、副鼻腔のCT撮影で状態を確認する必要があります。

副鼻腔炎はこちら

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎には花粉症などの季節性と、ハウスダストなどの通年性に区別されます。主に目の痒みや充血・鼻水・鼻づまり・くしゃみなどのアレルギー症状が現れます。治療は薬物療法・舌下免疫療法を行います。改善がない場合は手術を行うこともあります。手術が必要な患者さんは、手術が可能な医療機関をご紹介させて頂いております。アレルギー症状でお悩みの方は、まずは当院までご相談ください。

アレルギー性鼻炎・
花粉症はこちら

鼻中隔彎曲症

鼻中隔という鼻の左右を隔てる壁の部分が、強く曲がることで鼻づまりの症状が現れる状態を、鼻中隔彎曲症と言います。もともとの骨の形が原因となるため、治療する場合は手術が必要となります。鼻中隔彎曲症でお悩みの方へは、手術が可能な医療機関をご紹介させて頂いております。

鼻出血

鼻出血はしたたる程度から、激しく流れる出血までさまざまです。原因は不明なことが多いと言われておりますが、寒い季節、乾燥した季節ですと頻度が多くなります。特に小さいお子さんや高齢の方に多く見られます。鼻出血のほとんどが鼻中隔の入口付近(キーゼルバッハ領域)からとなり、こちらの粘膜下は血流が多いため、擦るなどによって出血しやすいとされております。鼻出血がある場合は、鼻翼といって小鼻の柔らかい部分を指の腹でつまみ、やや前かがみで座って5~10分ほど安静にしてください。鼻出血が続く場合は、腫瘍などが原因とされることがあるため、疑わしい場合は副鼻腔CTによる検査を行いますので、早めに当院へご相談ください。

  •       045-914-3387
  • 045-914-3387
TOPへ