小児耳鼻科

子どもの耳鼻咽喉科疾患

子どもの耳鼻咽喉科疾患小児耳鼻科では、小さいお子さんの「みみ・はな・のど」を専門的に診療しております。「みみ・はな・のど」は、何らかの異常があると不快に感じてものごとに集中ができなくなる、非常に繊細な感覚器官です。幼児期に聞こえ方や呼吸などに異常があると、お子さんの成長や学習に大きな影響を及ぼしてしまいます。特に、小さいお子さんは、自分の辛い症状を言葉で伝えることが難しいため、ご家族が日頃から様子を見て、少しの変化や異常に気付いてあげることが大切です。気になる症状がありましたら、早めに当院までご相談ください。

気になる症状はありませんか?

のど

お子様の診察の注意点

当院ではお子様の診察時に、鼓膜穿孔や耳小骨離断など怖い事故がおこらないように、細心の注意を払っております。事前に下記の【お子様の正しいおさえ方】をご確認ください。確かに『泣いている子供をおさえるのはかわいそう』ではありますが、やさしくおさえた結果、思わぬ事故につながってしまう可能性も秘めております。器具などを使った診察の際は正しいおさえ方をするよう、ご協力をお願いいたします。ご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。

子供のおさえ方

よくあるお悩み Q&A

中耳炎を繰り返してしまいます

2歳ぐらいまでのお子さんは免疫力が低いため、中耳炎を繰り返すことがあります。またお子さんは耳と鼻をつなぐ「耳管」という管が太く短く水平なため、鼻水が耳に回りやすく、中耳炎を起こしやすくなります。大きいお子さんの場合は、急性中耳炎の治療を治りきらないまま止めてしまい、慢性化している恐れがあります。このように、中耳炎は痛みや熱が治まったからといって自己判断で治療を止めてしまうと、完治しきれずに慢性化してしまうことがあります。中耳炎が慢性化すると、聞こえにくくなるなどで学習や生活に影響を及ぼしてしまうため、注意が必要です。中耳炎の治療は、医師の指示に従って最後まで治療を行ってください。当院では、患者さんの症状をしっかりと見て、聞こえの悪さなど病状を見極めて、必要な治療を適切に行っております。気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

中耳炎を繰り返すと難聴になりますか?

中耳炎は治療を徹底して行うことで、繰り返し症状が起きても難聴になることはほとんどありません。当院では聞こえにくさなど丁寧に調べて適切な治療を行っております。

風邪の症状に加えて耳の痛みが伴います

風邪がきっかけで急性中耳炎を引き起こすことがあるため、耳鼻咽喉科では中耳炎に加えて風邪やインフルエンザの治療も行います。風邪による鼻やのどの症状を緩和させるなど、適切な処置や治療が可能です。中耳炎は適切な治療を最後まで行わないと、慢性化してしまい、さらに悪化すると手術治療が必要になってしまいます。お子さんが38℃以上発熱して3日以上続いている場合は、中耳炎が発症している可能性があります。中耳炎になっている時は、聞こえにくくなるため集中力が低下するなど、学習などに影響を及ぼしてしまいます。気になる症状がある場合は、早めに当院までご相談ください。

鼻血の正しい止め方は?

鼻血が出た時に、上を見上げて止めようとすると、血液がのど喉の方にまわってしまいます。そのため鼻血が出た時は、下を向かせて指でしっかりと小鼻を数分抑えると、血が止まります。口に流れてきた血は吐き出すようにして下さい。繰り返し鼻血が出たり、鼻血が止まるまで時間がかかる場合は、速やかに当院を受診してください。

黄色や緑色のような鼻水が出ます

黄色や緑色の鼻水が出たり、咳や痰が長く続く場合は、急性副鼻腔炎の可能性があります。急性副鼻腔炎は痛みや不快感が伴い、慢性化するとちくのう症(慢性副鼻腔炎)を引き起こします。悪化によって呼吸がしにくくなることで酸素が不足し、集中力低下や学習や成長への悪影響を及ぼしてしまいます。当院では、鼻洗浄や鼻吸引などで処置し、細かい霧状のネブライザー治療を行っております。

耳や鼻に異物が入ってしまいました

お子さんが間違って耳や鼻に異物を入れてしまった場合は、無理に出そうとせず、早めに受診をしてください。自分で取り出そうとすると粘膜を傷つけたり、逆に奥まで入れてしまうことがあるのでご注意ください。

子どもの耳掃除が恐いです

あかは、奥から手前に自然に出てくるため、頻繁に掃除をしなくても大丈夫です。2歳ぐらいまでのお子さんでしたら3ヶ月に1度程度、それより大きいお子さんでしたら、半年に1度程度の掃除ペースで十分です。小さい頃から耳掃除が習慣化してしまうと、大人になってからも耳掃除を頻繁に行わないとすっきりせず、かえって耳を傷つけてしまいます。耳掃除が恐いけれどきれいにしたい場合は、耳鼻咽喉科で耳掃除を受けることができます。

子どもがいびきをかきます

お子さんがいびきをかいている時は、扁桃肥大やアデノイド肥大、肥満など何らかの異常が原因とされます。基本的にお子さんはいびきをかかないため、いびきが気になる場合は、早めに受診してください。特に日中の口呼吸や、横向きやうつぶせ寝、寝苦しそうに寝ている場合は、受診が必要です。いびきは睡眠時無呼吸から脳や全身の酸素不足を引き起こすため、集中力が低下し、成長に大きな影響を与えてしまいます。当院ではいびきの原因を特定し、鼻の処置や薬物療法によって、空気の通りを確保します。治療経過を丁寧に観察し、病状や状態によっては手術治療を検討することもあります。

TOPへ